Atelier de Paris HOME > 山下清

人気作家

山下清

Yamashita Kiyoshi やました きよし
1922年3月10日 - 1971年7月12日

放浪の純粋素朴画家

「放浪の天才画家」として有名な山下清。
旅先で見た景色をそのままに切り取った作品はその子供のように純粋で温かな人柄と同じく、見る者の心に語りかけます。当時「まるで日本のゴッホだ」と高い評価を受けた一方「裸の大将」と映画やドラマのモデルにもなり今も昔も人々に愛されている素朴画家です。

山下清の画暦


東京・浅草に生まれ、幼い頃の病気のために知的障害を背負い12歳で入学した養護学校「八幡学園」で「貼り絵」に出会い画才を開花させます。
学園を抜け出しては数ヶ月から時には数年にも及ぶ放浪を繰り返し、ひょっこりと学園に帰ると旅の中で焼き付けた記憶を次々と美しく繊細な作品にしていきました。 様々な技法を取り入れ指先からミリ単位にちぎられた小さな紙片は緻密に配色されています。
素朴画家とは正規の美術教育の遠近法・陰影法・構図・色調に束縛されず、感知するまま丹念に描く画家のことです。 少しアンバランスにも見えるこの作風ですが、作品に独特の深みや面白味・温か味を加えます。

ドラマなどで勘違いされがちですが山下清が放浪の旅に出たのは、制作の為ではなく何もしない心の自由さを求めて―
旅先でスケッチをする事はあまりなく、記憶に残る風景を旅を終えてから作品へと変えていったのです。
暖かな風を肌で感じながら目にした美しい風景を美しいと感じ、出会った人々の心模様に触れる喜び。そんな自分の心が膨らむような時間を何よりも必要としていました。 なかでも大好きだった景色は花火で、最後の言葉は有名です。
 「今年の花火はどこに行こうかな」
昭和46年の夏、そうつぶやいたその夜に脳溢血に倒れ49歳の生涯を閉じた山下清画伯。まだ生きていれば今年で85歳。
名画たちは遠いようで近い時代をも懐かしく想い起こさせます。

全商品一覧

商品一覧

該当商品はありません