===========================
アトリエドパリ メールマガジン
第03号★2007.11.13
発行:アトリエドパリ株式会社
===========================

〜Contents〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
1.絵画の寸法は部屋の大きさによって変わる
 「リビングルームに適した絵画の寸法とは?」
2.ちょっと気になっているイベント
3.編集後記
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【アトリエドパリからのお知らせ】

こんにちは、アトリエドパリの服部です。

ギャラリーオープン記念として長谷川潔の企画展に続き
アトリエドパリ人気作家が
オリジナルポストカードで登場しました。

ゴッホ、モネ、ルノワール、クリムト、そしてセザンヌ
の作品をお求めやすい価格で販売しております。
名画のコレクション、大切な方へのちょっとしたプレゼント…。
様々な用途でお使い下さいませ。
もちろん、アトリエドパリのロゴ入り商品です。
http://atelier-de-paris.jp/SHOP/203832/list.html
【アトリエドパリ 新着情報】

そのポストカードがフォトフレームに入って単品で登場です!
テーブルの上にさり気なく名画を飾ってみてはいかがでしょう?

一つ一つラッピングしてからの発送になりますので、
そのままプレゼントにも最適です!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                                          1.絵画の寸法は部屋の大きさによって変わる
                
前回は「絵画をリビングルームに飾る」ということに
スポットをあて、リビングルームにマッチする絵画の選び方を
メルマガ購読者限定でお伝えしました。

今回は前回からの発展編で
リビングルームにマッチする「絵画のサイズ」のポイントを
公開させていただきます。

ポイントをお伝えする前にここでちょっとした質問です!

質問:15畳ほどのリビングリームに絵画を飾るとしたら、
絵画の寸法は何センチくらいがピッタリでしょうか?

人物画、風景画によって多少寸法に誤差はありますが、
おおよそ65cm×50cmの寸法、つまり15号が最適です。

また、15畳以上であれば15号以上の寸法が
絵画の魅力を引き立たせてくれます。

マンション、アパートに現在お住まいの方で
リビングルームが10畳以下の場合は
6号の絵画をお選びになるのが良いでしょう。

あまり知られていないことですが、
デパートなどで洋服を購入する時、体型に合った
サイズを選ぶのと同じように絵画にもお部屋の広さによって
最適なサイズがあるんですよ。

もちろん購入される際の絵画の大きさは、
お好みによってそれぞれですが、
是非一度試してみて下さいね。

2.ちょっと気になっているイベント

★色彩のファンタジー シャガール展(上野の森美術館)
2007年10月13日(水)〜12月11日(火)

「今月の作家特集」にもなっている
シャガールの生誕120年記念展です。
アトリエドパリでも取扱いのあるシャガールの色遣いは
見れば見るほど吸い込まれそうな奥深さを持っていますので、
一度は間近で作品を見る事をオススメします。

油絵・版画に加え制作風景の写真も多数展示されており
一日でシャガールに染められる事間違いなし!です。

★サーカス展―解き放たれたイメージ―(MOA美術館)
2007年10月6日(土)〜12月5日(水)

上で紹介させていただいたシャガール、ピカソ、ルオー、ローランサン、
ビュッフェ、東郷青児…この個性豊かなメンバーの共通項は何でしょう?

彼らは華麗に舞うサーカス団に魅了され、
そのキャンバスを通して私たちを魅了します。
場所が熱海、と言う事で東京からは少々時間がかかりますが、
せわしない年末を前に幻想的な世界へ、
羽を伸ばしに行きたいものですね。

3.編集後記 

紅白歌合戦の司会者の発表もされ、今年も残すところ約1ヶ月半、
年末へと一直線ですね。
と、言いたいところですが、
その前にあるのは冬の一大イベント・クリスマスです。

仕事帰り、一人青山の町を歩いていると
鮮やかなイルミネーションにクギ付けになります。
青山通り、青山キラー通り、足を伸ばして六本木や表参道、
手前味噌ながら本当に良い場所に我が画廊はあるものです。

早くも、クリスマス気分を大満喫しました。

新商品のフォトフレーム入りポストカードも、
ちょっとしたクリスマスプレゼントにはぴったり!
また、クリスマスプレゼントに添えるメッセージカードに
名画のポストカードを使い、キラリと
一味違ったセンスを見せ付けてみるのは如何でしょうか?

その際は一言、
その作品のうんちくが言えると一目置かれるでしょう。
アトリエドパリには、作品紹介も充実しております。

是非是非、ご活用下さいませ〜!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【発行】 アトリエドパリ株式会社
 http://www.atelier-de-paris.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
アトリエドパリ株式会社 2007