1908年
11月16日
パリに生れる。
1922年 パリの産業装飾美術学校に入学し、広告デザインの道を志す。
1930年 ドゥニーズダムールと結婚。
1936年 イギリスの雑誌に初期デザインを発表する。
1942年 パリ・ヴァランスの野外音楽堂(キオスク)のベンチにて、音楽堂の前で演奏する一人のヴァイオリン奏者の青年と、その演奏を聴く女の子と言うイメージを受け『ペイネの恋人達』が生れる。 これは雑誌リック・エ・ラックに掲載される。
※この音楽堂は1982年に歴史的建造物に指定される。
1952年 フランス人気貭賞授与・国際ユーモア賞受賞。
翌年、国際漫画祭でグランプリを獲得する。
1958年 ブリュッセル万国博の都市計画館の装飾を依頼される。
この万博にペイネ人形・絵はがきなどが展示される。
1960年 ブリュッセルにて国際ユーモア賞を受賞する。
1970年 国際オスカー賞を受賞する。
1974年 長編アニメ映画『ペイネ愛の世界旅行』をイタリアで自作する。
1976年 ヴァランス市の名誉市民に推挙される。
1980年 イタリア・アラッシオの壁面装飾を制作する。
翌年、フランス・カロの壁面装飾(40m×8m)を制作。
1984年 A・ドーデ<風車小屋便り>の挿絵220部が限定出版される。
1985年 ペイネのデザインで聖バレンタイン記念切手が発行される。
郵便局美術館のために210フランの郵便切手をデザインする。
1986年 制作活動を続けていた南仏アンティーブ市、イタリアボルディゲーラ市の名誉市民に推挙される。
この年、日本の軽井沢にレイモン・ペイネ美術館がオープン、夫妻でオープン記念に来日する。
1988年 フランス・アンティーブにレイモン・ペイネ美術館がオープンする。
1992年 日本にて、大丸ミュージアム、日本橋三越本店にて展覧会を開催する。
1999年
1月14日
「セイントバレンタイン」のちょうど一ヶ月前
カンヌ近郊の病院で死去。